賃貸探し!暮らしやすい間取りと設備

値引き交渉には材料が必要

「ギブアンドテイク」という言葉があります。
この言葉が表わすのは、自分がもらうばかりではなくて、相手にも与えることを考えましょうという意味です。
人は自分が一方的に損をするのは嫌がるものです。
それで、相手に何かの犠牲を求めるのであれば、こちら側も出来る犠牲を払うほうが、相手の納得を引き出しやすくなるでしょう。
また、いつでももらうばかりではよくありません。
もらう側に、もらって当然という間違った態度を根付かせる危険があるからです。
それで、もらうばかりではなくて、こちら側も何ができるかを考えるのはよいことです。
これは、賃貸物件を借りる人たちにも当てはまる考え方です。
賃貸物件を借りる多くの人が気にかけるのは、家賃です。
何といっても毎月支払うことになる固定の支出になります。
それで、可能な限りこの費用を抑えたいと考えるのが自然です。
では、家賃を抑えるために何ができるでしょうか。
考えられる方法は、二つです。
一つは、家賃の安い物件を一生懸命に探します。
もう一つは、大家さんと家賃の値引き交渉を行うことです。
値引き交渉を行うことで、希望の金額に近付けられる場合があります。
では、大家さんと値引き交渉を行う際のコツはあるでしょうか。
ここで出てくるのが、ギブアンドテイクの考え方です。
ただ一方的に大家さんに値引きを迫るのはよくありません。
それでは大家さんだけが損をすることになってしまい、大家さんも気持ちよく同意してくれる可能性は下がってしまうことでしょう。
それで、こちら側からも大家さんに提供できるものがないかを考えるのです。
大家さんとしては、自分の大切な資産である物件を大事に使ってほしいと思うことでしょう。
それで、物件を大切に使うことをアピールすることができるでしょう。
たとえば、煙草を吸わない方であるならば、それを交渉の材料の一つに使うこともできるでしょう。
部屋を汚さないことをきちんとアピールするのです。
このようにして、値引き交渉をするならば希望額に近付けることができるでしょう。

注目の賃貸に関わる話は、ココがお勧め

  • 賃貸住宅ってむずかしい?そんな方に一押しの賃貸住宅についてのサイトはここ。
Copyright (C)2014賃貸探し!暮らしやすい間取りと設備.All rights reserved.